目の疲れを解消して、今日を生き切るために大切な「たったひとつの決心」 | 目の疲れ 本当は自分で楽々改善

寝ても取れない目の疲れにさよなら!

menu

目の疲れ 本当は自分で楽々改善

デジタルデトックスとまではいかなくとも、パソコンから離れる時間を使うことがとても大切だと思った経験があったのでシェアします。
「夜」の過ごし方はとても大切です。

効率を求めて、かえって逆効果!?

目との付き合い方、目の疲れをいかに解消していくか… ということを考えていて、
 → 今日も明日も明後日も。繰り返し繰り返し、目の疲れ解消ケアをする意味を考えてみた

「私にはこれが足りなかった!」と思ったことがあり、早速実行してみました。

それは、以前から何度か書いていた、「就寝2時間前のパソコンオフ」。
 → なぜ、就寝2時間前にはパソコンをオフにしたほうが良いのか? 疲れ目回復のためだけではない2つの理由

このところ、「今日中という訳ではないけれど、今日中にできるだけ進めておかなくては」という、パソコンを使った作業があって、
できるだけたくさん作業時間を取ろうと思うあまり、就寝2時間前のパソコンオフをしていなかったのです。

翌朝、目の疲れが残るのですが、まぁそれは仕方ない、だって時間ないんだもん… というモードで、目のケアをしつつもそのまま過ごしてしまっており。

ただ、落ち着いて自分の生活を振り返ったときに、いかに非効率なことをしているか気がつきました。
 

こんなに違う! 負の連鎖 & 正の連鎖

寝る直前までパソコンを使っていると…

・頭が休まらないので、寝つきが悪い。 
 (下手をするとオフモードになれず、他のことを初めてしまってますます寝るのが遅くなることも)

・頭がゆるまないので、眠りが浅い。

・寝起きが悪い。朝目覚めてもどこかどんよりしている。

・本格的に作業のエンジンがかかるまでタイムラグがあり、時間をロスする

ーーなどのことがあることに、改めて気がつきました。
 

それでこの2日ほど、「ここまで」と決めた時間でパソコンをオフにしていたのですが、上記とまったく逆のことが起こります!

・頭が休まって、寝つきがよく、眠りも深い。

・十分リフレッシュして、朝はスッキリ起きられる(睡眠時間が短めでもシャッキリしやすい)

・朝、すぐに体も気持ちも切り替わって、行いたいことにスムーズに向かえる。

・おまけに、目の疲れも取れている! (というか、目の疲れが取れているからこそ、これらのことがあったのだともいえます)

 

何が「パソコンオフ」を阻むのか?

それにしても、就寝2時間前にパソコンをオフにしたほうが良いと重々知りつつ、なぜ今回は敢えてそれをしていなかったのでしょうか。
今になって考えると、我ながら不思議です。

要因はいろいろ考えられますが、特に今回のyukiの場合は、

・焦る気持ち → 作業を明日に回した場合に、明日の自分がどれだけこなせるか自信がない → とにかく今日、もう少し行っておかなくては!

ーーという気持ちの動きが大きかったように思いました。

その結果、

・眠りが浅い → 朝になっても目の疲れが残る & シャッキリしない → 作業モードになるのに時間がかかる → タイムロス → 焦りが強くなる → 作業を明日に回せない …

ーーという悪循環で、結局「明日の自分は信頼できない」モードを強化するループに自らハマっていたのだと思いました。

こういう感じがあるなーということは何となく分かっていたのですが、そのループを断ち切るためには、一度その日の作業を短くする日を作らなくてはいけないので、ふんぎりがつかなかったのですね。
 

あとは、単純に「今これだけ集中できているから、もうちょっと!」という要因もありますが、
それはそれで、頭が鎮静して眠りに入るまで、思わぬ時間がかかってしまうので、少し長いスパンでみると結局非効率です。
 → なぜ、就寝2時間前にはパソコンをオフにしたほうが良いのか? 疲れ目回復のためだけではない2つの理由
 

理解したら、あとは「決心」しかない

そうやって諦めが悪いのは、決して悪いことではないのですが、
時には諦めが肝心というか、「明らめる」つまり自分の状況を見切って、適切な判断を下すことはとても大切ですね。

ただ、リアルタイムで自分のことを自分でわかるのは、意外になかなか難しい!
だから、その都度自己判断しようとしていると、ついうっかりやりすぎたりして、「あらまぁ、まだ大丈夫だと思っていたのに…」ということになりがちです。
 

早めにパソコンオフして深い睡眠をきちんと取ることは、
翌日の集中力にも、インスピレーションにも、大きく影響するので、つまり「生活の質」に関わること。

そのことを理解したら、あとはもう、自分ルールを「◯時にはパソコンオフ!」とする決心をするしかない。
これをきちんと例外なく守ると「決める」かどうかが、とっても大事です!
状況によって例外OKにしてしまうと、今回のyukiのように「できない理由」によってズルズルしてしまいますからねっ。

決めちゃえば決めちゃったで何とかなるもの。
調整が必要なときは、他の部分で調整するようになるはず。
そして、時とともに、早めのパソコンオフが「習慣化」してゆくことでしょう。

ーーということで、今度こそマイルールをしっかり守って、毎日の質を上げていきたいと思います♪
 

ちなみに、「就寝2時間前」という形だと、0時までパソコンしていても、その後夜中の2時まで起きていればいい… みたいになりかねないので、「◯時にはオフ!」と時間で決めちゃうのがいいですね。

(夜遅い時間のパソコン・スマホは目にくるので、11時より前がいいと思います。
 yukiは10時半にします!)

パソコン・スマホをオフにしたあと、目の疲れ解消ケアをしておくと、眠りに向かってより上手にフェイドアウトしていけるはずです。

まずはこれだけ知っておきたい! 目の疲れ解消法ベスト9をまとめました
肩こり、首こり、腕の痛み…。目の疲れに関係する「5つの辛さ」の解消法をまとめました

*デジタルデトックスについては、こちらもどうぞ♪
 → パソコン・スマホのスイッチオフで、私の能力にスイッチオン!? 目の疲れを回復させるデジタルデトックスの効用5選
 → これを行うかどうかが、人生の質の分かれ目!? 「デジタルデトックス」の行い方

 

読んだよ! の印に、お好きなものをクリックして応援して下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
・・・ いつもお読み下さって、ほんとうにありがとうございます! ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング参加中

ぽちぽちと2押し応援お願いします♪
(お役立ち健康法ブログに飛びます)

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

このブログの運営者

こんにちは! 
目の疲れ解消セラピスト・yuki です。

nekoget_-174-94-36-48-190-224-1-12-131-167-55-51-_1

都内在住セラピスト、ときどきライティング仕事。
小さい頃から読んだり書いたりすることが大好きで、それが高じて目を悪くしました。
セラピストになってからは「目の疲れ」を取ることが健康&幸せの秘訣だと実感! このブログだけでもあなたの目の疲れを解消して頂けるよう、色々な情報をお伝えしていきますね♪
詳しいプロフィールはこちらから→プライバシーポリシー・免責事項・著作権はこちら" target="_blank">はじめまして、yukiです

このブログはリンクフリーです。yukiへのお便りや、お問い合わせ・講演依頼などはこちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権はこちら

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」

最新記事はこちらから

yukiのおすすめ記事

  1. 目の疲れにサヨナラ! 身も心もリラックスできる、かんたん温タオルの作りかた

  2. イチロー選手の名言「目を使おうとすると体が緊張することを僕は知っている」。目の疲れを解消して、目指せパフォーマンス向上♪

  3. 「目の上の骨」を刺激して、目の疲れが改善するだけでなく、美顔効果も期待できるスペシャルケア 〜目の3点セット・その2〜

  4. 何気ない生活の中で、どれだけ目の筋肉を酷使しているか。考えてみるとよくわかる、目のケアの必要性

  5. 耳を使って目の疲れにアプローチ。首までスッキリゆるみます 〜目の3点セット・その1〜

  6. ケアをしていたら、目の疲れが悪化!? 酷使していた目にとって、それは良い兆候です

  7. 目の疲れを解消して、しっとり潤った目とお肌で若々しく過ごすために

  8. 疲れ切った目を緊張から解き放つ、今すぐにできる眼筋ストレッチの行い方

  9. 「自分の疲労度をチェック&その場で変えるために、セラピストの私が行っている簡単なこと」の詳しいやりかた

  10. 目の疲れ軽減だけじゃなかった!? パソコンに貼ることで体まで清々しくなるびっくり体験をした「ブルーライトカット液晶保護フィルム」について

アーカイブ