深い眠りのために | 目の疲れ 本当は自分で楽々改善

寝ても取れない目の疲れにさよなら!

menu

目の疲れ 本当は自分で楽々改善

CATEGORY深い眠りのために

8360b7ffc0e900d350e71f414982c22b_s

頭を叩いて「柔らか頭」になろう! 秋にぴったりのこの方法で、大きく生まれ変わる春への佳き準備も。もちろん目の疲れも即スッキリ

次第に涼しくなってきた秋口の今。 今の時期だからこそ、この方法で頭を緩めるのがおススメ! という方法があります。 いつでもどこでも簡単にできる、頭の緩め方をシェアさせて頂きます。 (さらに…)…

f93e426e14228b55b2ccc173348b96c5_s

眠りを2倍活用する方法!? 夜は光を切り替えて熟睡効果を。目の疲れ解消効果も格段にアップ!

普段、当たり前に使っている「照明」。 夜の使い方を少し変えるだけで、眠りの質も、目の疲れ解消効果も格段に違ってきます。 今日は私の照明にまつわる体験をシェアさせて頂きます。 (さらに…)…

f050d1bded2c51d258695f731286e279_s

溜まりに溜まった「目の疲れ」や「電磁波の影響」、さらに溜めたくなっちゃう時の強制リセット手段ふたつ

目の疲れや電磁波の影響が溜まってしまうと、自分で対策をしようという気になれない場合があります。 そんな時におススメの対処法をシェアします。 (さらに…)…

65530b2c6c2bc2c18fe726e1302785ab_s

目の疲れも電磁波の影響も、心の重さもデトックス! 温泉を10倍効果的にする活用法

体や心をより元気にするための「温泉の活用法」をシェアします。 少しのポイントで、同じ温泉でも驚くほど効果がUPしますよ! (さらに…)…

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

ナチュラルに暮らすために、一番断捨離したい刺激は電磁波だった!?

夜にスマホやwi-fiをオフにし忘れた翌日、とても体調が悪かった経験をシェアします。 電磁波の悪影響は、できるだけ解消していかなくてはと改めて思いました。 (さらに…)…

1af6a06bca747da825162c2c0b0a4c64_s

夜のデジタルデトックスに失敗して実感した、オフモードの作り方と目の疲れ解消の大切さ

「夜にパソコンやスマホを見ない方がよい」。 それはなぜなのか? 新しい理由を発見しました。 最新の(?)失敗談とともにシェアします。 (さらに…)…

fb7c7d8c3dc168df1b6ea667df4eac27_s

夏の終わりは内臓ケアでリフレッシュ。健やかな秋を迎え、目の疲れも解消しやすくするために

少し涼しくなると、夏の疲れを感じやすくなります。 夏の疲れを癒して体をリフレッシュする方法についてお話します。 (さらに…)…

6b8ba31163ba3a0fff3b83093e5f157e_s

熟睡して目の疲れもスッキリ解消、リフレッシュ! 遮光カーテンの威力の大きさをしみじみ実感した体験

遮光カーテンの部屋で眠って、とても熟睡できて目が休まった経験をシェアします。 やはり「眠る時に真っ暗」というのは、健康のための大切なポイントだと思いました。 (さらに…)…

c6d0fd825f12e6942e310b2b3edaacdb_s

深い眠りで、目の疲れ解消と元気を手にいれる! 「遮光カーテン」は敵か味方か!?

健康と美容に何より大切な「深い眠り」。 深く眠るために必須と言われる遮光カーテンの是非について考えてみました。 (さらに…)…

7662cc15f1d2d910dff6e793cd27f9d9_s

体を動かす気力が全くない時は、指一本動かさずに、横になったまま目の疲れも回復しよう

目の疲れを解消するために、何かを「する」ことができない時もあります。 そんな時にできることをご紹介します。 (さらに…)…

さらに記事を表示する

ランキング参加中

ぽちぽちと2押し応援お願いします♪
(お役立ち健康法ブログに飛びます)

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

このブログの運営者

こんにちは! 
目の疲れ解消セラピスト・yuki です。

nekoget_-174-94-36-48-190-224-1-12-131-167-55-51-_1

都内在住セラピスト、ときどきライティング仕事。
小さい頃から読んだり書いたりすることが大好きで、それが高じて目を悪くしました。
セラピストになってからは「目の疲れ」を取ることが健康&幸せの秘訣だと実感! このブログだけでもあなたの目の疲れを解消して頂けるよう、色々な情報をお伝えしていきますね♪

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」

最新記事はこちらから

アーカイブ